2013年 第18回 シルクロードステークス レース後のコメント

   

京都11Rのシルクロードステークス(4歳以上GIII・芝1200m)は、2番人気ドリームバレンチノ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6。ハナ差の2着に4番人気ダッシャーゴーゴーが、クビ差の3着に11番人気メイショウデイムがそれぞれ入線。

ドリームバレンチノは栗東・加用正厩舎の6歳牡馬で、父ロージズインメイ、母コスモヴァレンチ(母の父マイネルラヴ)。通算成績は26戦9勝となった。

【2013年 シルクロードステークス レース後のコメント】

1着 ドリームバレンチノ 松山弘平騎手
「スタートよく、いい位置で競馬ができましたが、直線では窮屈になってしまいました。それでも前が開いてからは強かったですね。抜け出せば脚はあると思っていたのですが、よくがんばってくれました。次はさらによくなると思いますし、もっと上を目指してがんばりたいです」

2着 ダッシャーゴーゴー 川田将雅騎手
「59キロを背負って大外枠と厳しい条件でしたが、衰えのないところを見せてくれましたし、よくがんばっています」

3着 メイショウデイム 国分恭介騎手
「テンがゆっくりで、かかってしまいました。前が開いていたらもっとやれたと思いますが、接戦でしたし仕方ありません。いい馬ですよ」

4着 マジンプロスパー 福永祐一騎手
「外枠だとスムーズな競馬ができますし、負けたのは4コーナーで少しモタついた分だと思います。体の硬さが抜けてくればもっとやれるでしょう」

5着 レジェトウショウ 秋山真一郎騎手
「ずっとこの馬に乗ってみたいと思っていたんです。今日は久々の分、伸びそうで伸びませんでしたが、1200mなら十分チャンスがあると思います」

8着 アースソニック 太宰啓介騎手
「4コーナーでもう少し反応してくれていたら……。そこで少しモタモタした分ですね。それでもさほど負けていません」

15着 アイラブリリ 幸英明騎手
「いいペースで行けましたが、行きっぷりはいつもよりモタモタしていました。中1週ということもあったのか、下見所からテンションが上がってしまって、気の悪いところを見せていました」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - シルクロードステークス , ,