コースの特徴

【阪神競馬場 芝1400m】
阪急杯 レースコース

スタート地点は向正面左、2コーナー出口付近のポケット。内回りコースを使用。3コーナーまでの距離は芝1200mをそのまま延長した443m。最初のコーナーまで十分に距離はあるが、スタート直後は各馬押して出て行くため、先行争いは激しくなる。最後の直線距離はAコース時が356.5m、Bコース時が359.1m。AコースとBコースでは直線部分で3m、曲線部分で4m幅員が違う。

前半3ハロンは芝1200m並の速さで流れる。中盤の1ハロンも11秒台のラップを刻み、息が入りにくい。後半3ハロンは35秒台。ゴール前に急坂が待ち構えていることもあり、ラスト1ハロンの時計がグッとかかる。2歳OPだとスローペースになることがあるが、その他はほぼ確実に前傾ラップになる。3歳以上のクラス別平均時計は、それぞれあまり差がない。

【有利な脚質と枠順】
芝1200mに比べて逃げ馬が残る確率は格段に減る。先行タイプでもいいが、差し・追い込み馬の好走も多い。脚質傾向はAコース、Bコースともにほぼ同じ。枠順は真ん中が若干有利で、あとはほぼフラット。

【種牡馬成績】
ヘイロー系が優秀。タイキシャトル、アグネスタキオン、フジキセキ、ステイゴールド、アドマイヤベガを中心にたいていは好成績。割って入ってくるのがグラスワンダー。同じロベルト系のRed Ransomもいい。芝1200mで優秀だったサクラバクシンオーやクロフネは好走率がガクンと下がるので注意。

【クラス別水準ラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(35.3-12.1-35.3=1.22.7)
3歳以上500万(34.3-11.7-35.5=1.21.5)
3歳以上1000万(34.6-11.7-35.0=1.21.3)
3歳以上準OP・OP特別(34.5-11.5-35.2=1.21.2)
3歳以上重賞(34.4-11.4-35.1=1.20.9)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/09/02