阪急杯

阪急杯(はんきゅうはい)とは
日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝内回り1400mで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。競走名は優勝杯を提供する阪急電鉄から冠名が取られた。阪急電鉄は阪神競馬場の最寄の駅である仁川駅に乗り入れている鉄道会社である。

関東圏の高松宮記念の前哨戦オーシャンステークス(2006年新設)と対になる競走で、関西圏の高松宮記念の前哨戦となる重要な競走である。
なお地方所属馬に限られるが、上位2着までに限り高松宮記念の出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走である。

ジャパンカップダート
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 芝1400m
■ 賞金内訳 1着:3800万円、2着:1500万円、3着:950万円、4着:570万円、5着:380万円
■ 出走資格 サラブレッド系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬(3頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)
■ 負担重量 基本:56kg、牝馬は2kg減を基本
・施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は2kg増
・施行日当日から1年前の開催週以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増
・施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増
(2歳時の成績を除く)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/08/22